節税の方法を調べてみよう

>

何かを購入して税金を減らす対策

この記事をシェアする

ローン控除を活用しよう

住宅を購入する時は、かなり高い金額が必要になります。
一括で料金を支払って購入することはできないでしょうから、ローンを組む人がほとんどだと思います。
するとローン控除が適応されるので、税金が少し安くなります。
ですが、ローンを返済する期間が短いと適応されないので気をつけてください。
最低でも、10年間はローンを返済する人だけが利用できます。

新しく住宅を購入する時は、ローン控除のことまで考えてください。
少し高い住宅を選択した方が、税金も安くできるのでおすすめです。
予算があまりないからと、安い住宅を購入する人もいます。
するとローンの返済と高い税金を支払わなければいけないので、さらに経済的な負担に感じてしまいます。

古くなった住宅をリフォームする

住宅が古くなったら、そのまま住み続けるのは大変なのでリフォームをしてください。
リフォームをする時に、決められた条件に当てはまれば税金を控除できます。
介護をする目的でリフォームをする人は、ローン控除を受けられます。
普通の住宅では、足腰が弱った高齢者にとって暮らしにくいかもしれません。
家族内に高齢者がいる場合は、バリアフリー機能を追加するためにリフォームをすると思います。

ローンを組んでリフォームするなら、税金を控除できるので申請してください。
また、太陽光パネルを設置する人もいます。
省エネが目的でリフォームをする場合も、ローン控除が適応されます。
リフォームをする時は、意外とローン控除を受けやすいです。