節税の方法を調べてみよう

>

節税を意識して生活を送ろう

この記事をシェアする

生命保険を活用して削減する

生命保険に加入しているなら、保険料証明書というものを準備してください。
保険料証明書を見せれば、税金が軽減される仕組みになっています。
生命保険以外に、介護保険や年金保険に加入している人も適応されます。
自分が入っている保険で、税金を削減できないのかさっそく調べてみましょう。
1年に居1回、年末調整があります
その時に申請することで、税金を削減できます。

自営業をしている人は年末調整ではなく、確定申告の時に申請をします。
たくさんの保険に加入していれば、それだけ高い金額が削減されます。
ですが、削減できる金額には上限が決まっていることを覚えておきましょう。
所得税は40000円、住民税は28000円が上限です。
それ以上の金額は、削減できません。

医療費控除を適用させる

病院に行ったら、領収書を必ず受け取ってください。
すぐに捨てる家庭がありますが、税金を削減できるかもしれないので年末まで保管しておきましょう。
1年間に、医療費が10万円を越えた場合は医療費控除を受けることができます。
1人で10万円を越える必要はありません。
家族全員分の医療費を合計して、10万円を越えれば良い決まりです。

また病院で診察を受けた時や、治療した時に支払った料金だけが適応されると思っている人がいるでしょう。
しかし、意外と適応される範囲は広いです。
病院へ行く時に支払った、交通費まで医療費控除に含まれることができます。
全ての料金を合計すると、30万円程度になるのが一般的です。
比較的誰でも利用できる節税方法でしょう。